住所を入力するあらゆる場面で
必要とされるウェブシステム

ZIPSERVERはユーザーが入力した郵便番号から、
最新かつ正確な住所情報を自動入力するウェブシステムです。
住所入力欄にZIPSERVERを組み込むことで、
ユーザーが住所を入力する手間を省き、
入力ストレスを軽減します。

ワードプレスプラグイン版モニター募集

  • カンタン導入

    基本的な実装は、管理画面から取得したjavascriptコードやAPIキーを貼り付けるだけ。また、一契約で同一サイトかつ同一ドメイン内であれば、複数設置しての利用も可能です。

  • SSL標準装備

    インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みのことです。個人情報などの機密情報を暗号化して、サーバとPCでの通信を他者に覗かれないようにします。

  • SLA99.997%

    当社が定める品質保障制度(SLA)により、サービスの稼働率99.997%を保障。システム稼働状況は自動監視され、安定したサービス提供をお約束します。

  • 住所データ
    自動更新

    住所情報データは、日本郵便から公開される郵便番号データに従い、毎月最新のデータに自動更新を行います。契約者側にメンテナンスや更新の手間はかかりません。

  • ローマ字対応

    日本語(漢字・ひらがな・カタカナ)に加えてローマ字表記にも対応しています。日本語と同様に毎月更新される最新のデータでご提供します。

  • 12年の
    運用ノウハウ

    運用開始から12年。お客様からたくさんのお声をいただき、改善を重ね、かゆいところまで手が届く製品にいたしました。

  • 豊富な
    導入実績

    保険会社様や証券会社様をはじめとする各業界の大手企業様に当製品を導入いただき、これまでに100社を超える企業様にご活用いただいております。

  • Pマーク認定
    取得

    JIS Q ISO15001:2006準拠のプライバシーマークによるプライバシーコンプライアンスに従い、適切な情報保護管理を徹底しています。

最新かつ正確な
住所データを提供

毎月変更される郵便番号情報に合わせて、常に最新の住所情報を提供します。また、個別事業所番号にも対応し、ユーザーが入力するあらゆる郵便番号を網羅します。

  • 漢 字
  • ひらがな
  • カタカナ
  • newローマ字
デモを使ってみる

注目の使い方

これまでに導入いただいた企業様による当製品の活用の仕方をご紹介します。

こんな企業様にもおすすめです。

  • HPのお問い合わせフォームに郵便番号や住所入力欄がある企業様
  • ECサイトを運営している企業様
  • フォームの住所入力を自動にしたい企業様
  • 従業員やユーザーの住所入力の手間を省きたいと考えている企業様
  • 住所自動入力を低コストで導入、運用したい企業様
  • 信頼性の高い住所自動入力を導入したい企業様
  • EFO(エントリーフォーム最適化)に取り組みたい企業様
  • お問い合わせフォームの離脱率を下げたい企業様
  • 郵便番号から住所を取得するAPIが必要な企業様
  • アプリでの住所入力に関する利便性を向上させたい企業様

動作デモ

通常版とローマ字オプション版の動作性をご確認いただけます。
入力された内容は、一切送信されませんのでご自由にお試しください。

  • 通常版
  • ローマ字オプション版
  • 郵便番号必須
    -
    都道府県必須
    市区町村必須
    町名番地必須
  • 郵便番号必須
    -
    都道府県必須
    市区町村必須
    町名番地必須

上記の入出力形式以外にも多様な形式で提供可能です。
詳しい仕様について知りたい方はサンプルコード、またはお問い合わせフォームより仕様書をお求めください。

よくある質問

ご導入前の企業様からお問い合わせいただく質問とその回答をご紹介します。

製品についてZIPSERVERのプランごとのリクエスト制限を超過した場合はどうなりますか?
その場合は専有サーバープランをご案内しておりました。もし超えるような見込みがある場合はご相談いただければ対応させていただきます。
製品についてAPIに関する仕様書はありますか?
ご用意しております。詳しくはお問い合わせください。
製品についてサンプルコードはいただけますか?
ご提供いたしております。ご要望の際はお問い合わせよりお申し付けください。
製品について契約についての記載「1ドメインにつき、1アカウント」について詳しく教えてください。
ZIPSERVERへの接続元をドメインで判別しています。その接続元1つにつき、1ドメイン、1アカウントとさせていただいております。
製品について英語表記(ローマ字表記)には対応していますか?
住所のローマ字表記に対応しております。詳しくはお問い合わせください。
製品について複数住所が割り当てられている郵便番号にも対応していますか?
複数住所が割り当てられている郵便番号にも対応しております。住所候補が複数表示される機能を実装することが可能です。
製品について個別事業所番号にも対応していますか?
対応しております。
もっと見る

提供形式

お客様のご利用用途に応じた形式で導入いただけます。

  • JavaScript

    JavaScript

    JavaScriptを使用して、Web入力フォームへ簡単に住所自動入力機能を実装することができます。実装にあたってのサンプルコードも用意しておりますので、ご要望の際はお問い合わせください。

  • Application Programming Interface

    API

    APIキーを使用することで、開発言語に関係なく実装することができます。Webフォームはもちろん、基幹システムやアプリ開発にもご活用いただけます。詳細についてはAPI仕様書を用意しておりますので、ご要望の際はお問い合わせください。

  • WordPress

    WordPress プラグイン

    プラグインとしてインストールし、設定画面でわずか3ステップを踏むだけで機能実装ができます。ただいまモニターを募集中。お試しでご利用希望の際はお問い合わせフォームより「WordPress プラグインモニターについて」を選択し、お申し付けください。

    モニターとして試用してみる
サンプルコードを依頼する

お問い合わせ・よくある質問

導入前相談など、お気軽にお問い合わせください。