EFO(入力フォーム最適化)はもちろん、アプリ開発や基幹システムにも。「郵便番号住所自動入力システム」の決定版!!ZIPSERVERとは、ユーザーが入力した郵便番号から、最新かつ正しい住所情報を自動入力するWebシステムです。
EFO施策のひとつとして、住所入力の手間を省きユーザーのストレスを軽減できます。Webフォームを改善し、ユーザーの途中離脱を防ぎます。
アプリや基幹システム開発にも。APIの認証キーを使うだけで、簡単に住所の自動入力機能を実現。
WordPressサイトへの導入も簡単!マニュアルに沿って、簡単導入。プラグインで作成したWebフォームにも導入可能。
ZIPSERVERとは?
EFOに活用する!
APIで活用する!
WordPressで!
2018.05.01
NEWZIPSERVER内の郵便番号情報を最新版に更新しました。

各業界の大手企業に選ばれているZIPSERVER

ZIPSERVERとは、ユーザーが入力した郵便番号から、最新かつ正しい住所情報を自動入力するWebシステムです。
サーバーやOSなどの動作環境に依存することなく簡単にWebフォームへ導入できます。
郵便番号データは自動アップデートするため、メンテナンスや更新の手間が削減できます。

  • カンタン導入カンタン導入
    基本的な実装は、管理画面から取得したjavascriptコードやAPIキーを貼り付けるだけ。また、一契約で同一サイトかつ同一ドメイン内であれば、複数設置しての利用も可能です。
  • SSL標準装備SSL標準装備
    インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みのことです。個人情報などの機密情報を暗号化して、サーバとPCでの通信を他者に覗かれないようにします。
  • SLA99.997%SLA99.997%
    当社が定める品質保障制度(SLA)により、サービスの稼働率99.997%を保障。システム稼働状況は自動監視され、安定したサービス提供をお約束します。
  • データ自動更新データ自動更新
    住所情報データは、日本郵便から公開される郵便番号データに従い、毎月最新のデータに自動更新を行います。契約者側にメンテナンスや更新の手間はかかりません。
  • 12年のノウハウ12年のノウハウ
    運用開始から12年。お客様からたくさんのお声をいただき、改善を重ね、かゆいところまで手が届く製品にいたしました。
  • 豊富な導入実績豊富な導入実績
    これまでに大手企業さまを中心に数多くの企業様に導入いただいております。
  • Pマーク認定取得Pマーク認定取得
    JIS Q ISO15001:2006準拠のプライバシーマークによるプライバシーコンプライアンスに従い、適切な情報保護管理を徹底しています。

概要とデモOverview and Demo

sample83

動作デモを試す

ZIPSERVERをWeb送信フォーム等に導入した場合の動作例をお試しいただけます。

ZIPSERVERとは、ユーザーが入力した郵便番号から、最新かつ正しい住所情報を自動入力するWebシステムです。
サーバーやOSなどの動作環境に依存することなく簡単にWebフォームへ導入できます。
郵便番号データは自動アップデートするため、メンテナンスや更新の手間が削減できます。

提供形式Available form

JavaScript

jacascript
お使いのWebフォームに貼り付けるだけで、簡単に実装できます。既にお使い頂いているフォームにも、zipserverのjsファイルとinputタグにidを振るだけで実装することができます。

API

api
APIキーを使用することで言語を選ばず、どのようなプラットフォームへも郵便番号住所自動入力システムを実装できます。Webフォームはもちろん、基幹システム、アプリなどへの実装も可能です。

WordPressプラグイン

WordPressプラグイン
まもなくリリース!お待ち下さい。